ANAマイルとiPhoneポイントで

陸マイラー歴1年になる四十男のブログです。ブログのおかげで特典航空券での旅行ができました!ポイントサイトやクレジットカードを活用したマイルの稼ぎ方について情報発信しています。

iPhone8は2018年までおあずけ?2017年はiPhone7sに

iPhoneの新機種発売ですが、iPhone5以降は毎年9月に新機種が発表されています。

2017年iPhone誕生10周年を記念するモデルとなることから、iPhone7sを飛ばして「iPhone8」が発売されるのではないかと噂されていました。

しかし、新たな情報によると2017年に登場するiPhoneは、iPhone8ではなく、これまでのモデルナンバーを踏襲して、「iPhone7s」「iPhone7sPlus」になるとの話がでてきました。

 

f:id:mileget:20161210215849p:plain

 

日本での歴代iPhone発売日

日本でこれまでに発売されたiPhoneの発表日と発売日をまとめてみました。

日本での販売の歴史ですが、iPhone3Gから発売されており、取り扱っているキャリアが最初はソフトバンクだけで取り扱っていました。

それが、今ではドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアすべてで販売されるようになりました。

  • iPhone3G

発表日 2008年6月9日

発売日 2008年7月11日

  • iPhone3GS

発表日 2009年6月9日

発売日 2009年6月26日

  • iPhone4

発表日 2010年6月7日

発売日 2010年6月24日

  • iPhone4s

発表日 2011年10月5日

発売日 2011年10月14日

  • iPhone5

発表日 2012年9月12日

発売日 2012年9月21日

  • iPhone5s

発表日 2013年9月10日

発売日 2013年9月20日

  • iPhone5c

発表日 2013年9月10日

発売日 2013年9月20日

  • iPhone6

発表日 2014年9月10日

発売日 2014年9月19日

  • iPhone6s

発表日 2015年9月9日

発売日 2015年9月25日

  • iPhoneSE

発表日 2016年3月22日

発売日 2016年3月31日

  • iPhone7

発表日 2016年9月8日

発売日 2016年9月16日

 

私が初めて買ったスマホは、iPhone3GSでその後は、iPhone4s、iPhone5s、iPhone6、iPhone6s、iPhone7の順に購入しています。

 

iPhone5sまでは、マイナーアップデートとなる「s」のつくモデルを購入していましたが、iPhone6になってからは毎年購入しており、新機種を購入するときは前に持っていた機種を売却して機種代金の足しにするという流れが定着しています。

 

iPhone8の予想

iPhone8ですが、どのようなものになると言われていたのでしょうか。

これまでインターネット上に出ていたiPhone8の噂や予想をまとめてみました。

  • デザインが一新

画面に縁がなく、ホームボタンがディスプレイに内臓されることから現在のボディサイズのまま画面が大型化される。

  • ワイヤレス充電に対応

4.7インチは従来型の液晶を使って、ガラスボディとワイヤレス充電機能を備える。

  • 曲面有機ELディスプレイを採用

SamsungのGalaxyシリーズより更に薄型で高解像度の曲面有機ELを採用して差別化を図る。

  • ホームボタンの廃止

ディスプレイ上で指紋認証ができるようになり、ホームボタンは廃止される。

  • プレミアムモデルが登場

新たに5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが発売される。

 

iPhone7が、本来であればメジャーアップデートをするはずの機種にもかかわらずマイナーアップデートの域に止まってしまい、iPhone6のボディが大きく変更されないまま3年にわたって使われ続けたことを考えると大きな変化が必要となってきます。

 

有機ELディスプレイを始めとする噂に上がった機能が搭載されれば、今までにない革新的なiPhone8になると考えられますが、価格はそれに合わせてかなり上がってしまいそうですね。

 

iPhoneの2017年モデルは外観に変化なし?

iPhoneが発売から10周年を迎えることやiPhone7がマイナーアップデートに終わっていることから、2017年モデルのiPhoneは、メジャーアップデートが期待され、いろいろな噂が出ていました。

 

しかし、最新の情報では、これまで使われていたiPhone7のCPUが新しくなって処理速度が速くなる程度となり、名称はiPhone8は使わず、従来の命名法則にしたがった「iPhone7s」「iPhone7s Plus」で、外観に大きな変化はないのではという話が出ています。

 

今年、発売されたiPhone7では外観に変化がなかったので、iPhone8と呼ばれていた2017年モデルに期待していたのですが、iPhone7とiPhone7SPlusというマイナーアップデート版が出てくる可能性が出てきました。

 

まとめ

iPhone8にならずiPhone7sが現行のボディを使ったままのモデルで発売されることになると、iPhone6が発売されて以降4年間も基本ボディが同じままで、新鮮味が本当になくなります。

 

確かに噂されていた有機ELディスプレイやホームボタンの廃止などの機能は今までにない革新的なものになるので、開発が間に合うかどうかといった問題も考えられます。

しかし、販売台数が頭打ちとなっているのにマイナーアップデートで終わってしまうと、購入意欲が薄れて販売台数が減少するおそれがあります。

 

Appleは何か隠し球を作っているのでしょうか。

 

AppleがこれまでのiPhoneに関するさまざまな問題を踏まえて、どのように2017年モデルとしてiPhone7sを開発していくのか、今後も見ていきたいと考えています。

 

おすすめ記事

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログのランキングを上げるのにご協力いただける方は、
下にある2つのボタンをそれぞれクリックしてください!


ため蔵に1票が入って、ブログランキングを見ることができます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ